ニキビ跡の種類や原因と、跡を残さない適切な対処方法を解説!

ニキビ跡が目立つことを、気にしている人も多いでしょう。
でもどうして、ニキビ跡は出来てしまうのでしょうか?

今回はその原因とどのようにニキビ跡を治したらいいのか対策法をご紹介します。
ニキビ跡に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●目次:項目をクリック
1.ニキビ跡ができる原因とは?
2.ニキビ跡を残したくない!状態別の対策法は?
∟2-1.赤みがあるニキビ跡
∟2-2.茶色っぽいシミ状のニキビ跡
∟2-3.しこり状のニキビ跡
∟2-4.凸凹のクレーター状態のニキビ跡
3.まとめ

ニキビ跡ができる原因とは?

ニキビは、皆さんもご存知のように、「跡が残るもの」と「残らないもの」があります。
その違いは、炎症がどの程度進んでいるかの差なのです。

私たちの肌は、表面から順番に「表皮・真皮・皮下組織」という順番に並んでいて、ニキビの炎症が表皮の部分で治れば、色素沈着が起こってもニキビ跡にはなりません。

その下の真皮と皮下組織の部分までダメージが及んでしまうと、ニキビ跡やしこり、クレーター状の凸凹に。自分の力で治すのは、難しい状態です。

ニキビ跡を残したくない!
状態別の対策法は?

ニキビ跡は、赤みがあるニキビ跡から、凸凹クレーター状のニキビ跡までタイプは様々。
それぞれのニキビ跡に合わせた対処法をしていくことが、改善への近道です。

①赤みがあるニキビ跡 

〔ニキビ跡レベル〕
赤みが残っているニキビ跡は、自宅ケアでも十分な効果を得られる段階です。

〔おすすめの成分〕
整肌成分:ビタミンC

ビタミンCは、ニキビ跡の改善に適しています。

①皮脂の抑制
②炎症を鎮める効果がある

柑橘類などの果物をたっぷり摂ってビタミンCを補給するのはもちろん、ビタミンCを加工して肌に浸透しやすい形に変えた「ビタミンC誘導体」入りの化粧水や美容液などでケアすると◎

また、ビタミンC誘導体も同じく、ニキビ跡に効果的です。

\ビタミンC誘導体の効果/
①肌の修復・再生を促す
②ターンオーバーの促進

なお、ビタミンC誘導体で肌あれや乾燥を感じた場合は、「プラセンタ」にも似たような働きがあるので、プラセンタ入りの化粧品を試してみてください。

②茶色っぽいシミ状のニキビ跡

〔ニキビ跡レベル〕
赤紫色や茶色といった色素が肌に残った状態。

〔おすすめの成分〕
美白成分:トラネキサム酸
保湿成分:セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン

色素沈着によるシミ状の茶色っぽいニキビ跡ができている場合は、美白成分や保湿成分のなどを配合しているスキンケアアイテムを取り入れて、肌のターンオーバーを正常に戻すのがおすすめ。

古い角質を落とすピーリングも効果的で、「グリコール酸(AHA)」入りの石鹸やジェルで定期的にケアすると良いでしょう。

③しこり状のニキビ跡

〔ニキビ跡レベル〕
肌の盛り上がりや膨らみができたような状態。

※セルフケアではなく、皮膚科での治療をおすすめします。

皮膚科を受診すれば、保険適用でお薬の処方をしてもらえます。

飲み薬と塗り薬でニキビ跡を治療していき、症状によってはレーザー治療なども並行して検討していきましょう。

④凸凹のクレーター状のニキビ跡

〔ニキビ跡レベル〕
ニキビ炎症後に凸凹ができてしまった状態。

※自己ケアを間違えてしまうと肌を傷つけてしまうので、専門家に診てもらってください。

凸凹のクレーター状のニキビ跡は、「アイスピック型」「ローリング型」「ボックスカー型」など、形状によって分類されています。

この段階になると自宅でのケアは難しく、皮膚科やクリニックでレーザー治療やピーリングなどを行うと、ニキビ跡が目立ちにくくなります。

少し根気のいる治療になるかもしれませんが、自己流のケアをすることで、かえって肌を傷つけてしまうこともあるので、専門家に頼るのがベストです。

まとめ

ニキビ跡は、ニキビのダメージが表皮よりも下に進んでしまうことが原因です。
まずは、ニキビの発生を防いで、それ以上進行させないよう心がけていきましょう。

今あるニキビ跡をどうにかしたい場合は、自身のニキビ跡がどのようなレベルであるかを知り、その状態に合わせて対策をしていくことで治りが早くなります。

セルフケアで治せるのは、「赤みのあるニキビ跡」と「茶色いシミ状のニキビ跡」なので、化粧品の成分にもこだわって選びましょう。

関連記事

  1. コラム ヒト型セラミド

    肌荒れ・ニキビの解消を助ける「ヒト型セラミド」の特徴と効果は?

  2. ハトムギ化粧水とニベアクリーム

    肌荒れに効果が期待できる成分「ヨクイニン」の効能とは?

  3. 【比較】人気ニキビケア洗顔料5ブランドの特長や使用感を比べてみました。

  4. ホルモンバランスの変化による生理前のニキビ・肌荒れ|原因と6つの対策を解説

  5. 繰り返す痛みやかゆみ・・・「おしりニキビ」の原因と対策法7つ

  6. 肌のベタつきの原因と対処法。水分と油分のバランス抜群な人気スキンケアもご紹介!

  7. アルビオン スキコンについて|化粧水を含む全アイテムの使い方・使い心地も解説!

  8. アラントイン

    肌荒れ・ニキビに効果的な成分「アラントイン」とは?グリチルリチン酸との違いも解説!

  9. ニキビ・毛穴・肌荒れに有効な成分「ビタミンC誘導体」とは?

人気記事

  1. 資生堂 レシピスト
  2. オルビス薬用クリアと草花木果どくだみ 比較
  3. ファンケル マイルドクレンジングオイル
  4. 資生堂dプログラム アクネケアローション

SNSはこちら

PAGE TOP